110501 キャンプ報告「せせらぎ公園オートキャンプ場(会津美里町)」

0
    4月29〜5月1日と、キャンプに行ってきた。
    当初、フォレストパーク(福島県大玉村)のキャンプ場を確保していた。が、少しでも放射線が少ないところに行きたいということで(日常的に浴び続けているので)、プチ避難の意味も込めて急遽、会津美里町のキャンプ場を予約したのである。

    避難だったら、県外に行けば?
    となるが、うーん、県外に行って、蹴り入れられるのも嫌だしね。

    風評被害なのか、少しでも、福島県には近寄りたくないのか、それとも、例年こんな感じなのか。
    非常に人が少ないキャンプ場だった。
    (ちなみに、ナンバーで見たら、柏、千葉、とちぎ、多摩のナンバーがあった。関東から福島へ来てくださり、感謝)
    わたし、人混みが嫌いなので、いつも、人がいないところに行く。
    今回も、これはこれで、グッド。

    では、「せせらぎ公園オートキャンプ場(会津美里町)」の紹介を。
    まず、わたしの印象だが、わたしは、もう一回行きたいキャンプ場かどうかで、わたしの中で区別している。
    で、ここはどうか?
    と聞かれたら、「もう1回行ってもよい」キャンプ場である。

    ちなみに、キャンプをしながら(宿泊代を少しでも浮かせながら)会津若松観光を考えているのだったら、ここをぜひオススメしたい。ここの住所は会津美里町(旧会津本郷町)だけれども、会津若松市内からはとても近い。
    鶴ヶ城、飯盛山、会津日新館、野口英世青春通り・・・観光にバッチリの場所である。

    わたしのキャンプ場に求めるものは、
    ・トイレが(比較的)きれい。
    ・お風呂が近場にある。
    ・人が比較的少ない。
    ・遊び場がそれなりにある。
    である。

    で、この中で「せせらぎ公園オートキャンプ場(会津美里町)」はほぼどれもクリアしている。
    残念なのが、トイレかな。
    少し数が少ないのと狭いのとちょっと古いというか整理されていない印象がある。これは男子トイレの入り口がちょっとボロな感じのまま修理されていないからかな。とはいっても、もちろん推薦だし、毎日管理人の方が清掃してくださったし、清潔ではある。

    これ、男子の小便器。この2つだけ。
    IMG_1506

    ここ。トイレ棟。なんか小さいよね。ま、人が少なかったから問題なかったんですけど。
    IMG_1505

    ちょっと男子便所が壊れたままというイメージに見られてしまうかも
    IMG_1507

    炊事棟。ここだけ。水しか出ない。
    IMG_1508

    管理棟。キャンプに必要なものも貸し出してくれる。また、レンタサイクルや各種ボールの貸出もあり。そうそう。グランドゴルフもできる。キャンプ場に意外に多いんだよね。グランドゴルフ。あると必ずやってます。わたしも息子も大好き。
    IMG_1518

    ここがサイト。わたしのキャンピングカーが見えますね(笑)。
    IMG_1512

    平らで広くていいでしょ?最近、自転車を持って行くので、平らで広いだけで、息子は大喜び。ずっとずっと乗り回してます。
    IMG_1510

    今回は営業していなかったけど、釣り堀もあるみたい。
    IMG_1513

    ちょっとした遊具も。ゴム系の遊具が多く、ちょっと不思議な感覚で息子も楽しんでました。
    IMG_1515

    22時まで営業の日帰り温泉施設が近くにある。いやぁ、熱いお湯でした。すてきな場所です。ここで食事もとれるので、寝る場所だけ確保してもいいかも。
    IMG_1517

    【参照】

    100818 キャンプ中のツイキャスの様子

    0
      2泊3日。
      福島県金山町の沼沢湖畔キャンプ場。
      いろいろあった3日間。
      とりあえず、ツイキャス映像をアップしておきます。

      当たり前のようにSoftbankの電波は入らず。
      docomoも限られた場所でしか入らず(それも、わたしがキャンプした場所の対岸・・・苦笑)。
      ですので、いろいろとツイキャスしようと思っていたのですが、1回だけ維持でツイキャスしました。

      ツイキャス中、コメントも1度もらえました。
      感謝!




      黒部・白川郷キャンプ総括

      0



        わたしの偏見によるキャンプ総括をしてみたい。

        ○引いて見ると、より美しい。


        黒部ダム、白川郷、ともに近くで見ると、そんなもんか、だけど遠くで見ると、うぉっ!という感じを受けた。
        黒部ダムなんか特にそうで、黒部ダムそのものを見たときは・・・うーん、なんというのだろうか、そのへんのダムと比べてどこがどのようにすごいのかわからなかったんですけどね。
        展望台ののうな、少しずつ引いたところから見るとなんと美しいこと。
        ただし、黒部ダムも白川郷もその見た目よりも、そこにかかわってきた人たちの歴史、かかわり、そういうものが尊いのだと思う。
        そういう視点からわたしたちは、遺産として残していかなければならないのだろうな。

        ○トラック野郎にビックリ!


        流葉オートキャンプ場に泊まった.お風呂が近くにあるということで、入りに行った。

        ○有名温泉を素通り


        行く先に、白骨温泉、下呂温泉、滑川温泉の文字が!これらを素通りしていくわたしたちでした。いつか行きたい温泉ばかり。頭の中で思いを馳せつつ通り過ぎるわたしでした。いつか、はいれる日がくるかなぁ。遠いもんなぁ。そこでわたしが参加するイベントが開催され、そこに宿泊するなどの何か機会がないと無理層です。

        ○史跡の宝庫


        改めてわかったのですが、長野、岐阜あたりは史跡の宝庫なんですよね。うーん。いつか、一人でゆっくりとまた来てみたいです。
        やっぱり、気を使うじゃないですか。普通の人であれば、面白いところじゃないですもんね。また、そんなに専門的では、ないので専門家と一緒に回っていても逆に専門家に気を使わせてしまうしね。やっぱり、一人で行くのが一番いいかな。
        関ヶ原、美濃、・・・。
        いいなぁ。別段何もないらしいことは、噂では聞いていますが、ぜひ、その足で立ってみたいです。

        ○上高地にまいる


        基本的に、渋滞と無縁でしたけど、二日目の宿泊地に向かうところでは困りました。なんで、こんなところで?というところで自動車が止まって動かないのです。
        こんな、渋滞は初めてでした。
        結果は、わたしの行く行程の中に上高地が含まれていて、上高地に行く人たちと重なったのですね。
        上高地って、道路が一本で、どこにも逃げる道がないのです。ほんと、困りました。
        ただし、わたしたちは、その日は、宿泊地へ向かうだけだったのでそんなにイライラしていなかったことと、島耕作コミックを持って行ったのでそれを読んで時間を過ごせたこと、そして、息子はうまい具合にずっと寝ていてくれたこと、これらがかさなって、短気のわたしが爆発しなくてすみました。自分にほっ。


        ○興味関心は人


        改めて、わたしの興味関心は一人でなのだということがわかった。
        美しい建造物、美しい景色、それはらを見てもそれそのものに感激するのではなく、それらに関わった人々に思いを馳せてしまう。そのものに歴史を見ようとする。

        また、すれ違う人の表情、会話に興味を持って、耳をそちらに向けてしまう。

        チョット見、あやしい人物になってしまう訳だ。でも、人に興味が湧いてしまうんですよねぇ。

        といっても、御存じのように、けっしてコミュニケーションを積極的に取れる人間ではないのですけど。

        ○意外と、長距離運転好き。


        自分自身のことで、意外に思ったのが、わたしは、長距離運転が好きだったということです。今回の、旅行。合計して、ちょうど1000kmくらい走ったことになりそうです。
        その900kmをわたしが、運転しました。できれば、最後まで自分が運転していたいくらい運転していて楽しかった。たぶん、初めての場所で運転することが刺激的だったからでしょう。いつか、また、こんな感覚をもてたら幸せです。

        ○早朝出発の快感。


        大型連休で、有名観光地に向かうわたしたちは、各地で渋滞に巻き込まれることが一番おそれていたことでした。結果的に、ほぼ巻き込まれずにすみました。それは、早朝出発が聞いています。
        黒部ダムも、白川郷も、わたしたちが満足して帰ろうとする時に、道路は自動車がいっぱいで、渋滞に巻き込まれている人達を見ました。
        わたしたちからすると、ご愁傷様です。これは、キャンピングかーだからこその醍醐味ですね。

        ○キャンピングカーだからこそできたこと。


        上の「早朝出発の快感」で、少し触れましたが、今回、短気で、自己中心的なわたしが、それなりに心地良く過ごすことができた理由は、まぎれもなくキャンピングカーで行ったからだろうと思う。運転は、確かに大変たが、この部分をクリアしてしまうと魅力的なことばかりである。
        泊まる場所を自分好きに設定できる。もちろん、公衆道徳からずれないことというのは外せない。
        宿泊代金が大幅に安くなる。
        高速道路のPAやSAに泊まれば無料。キャンプ場に泊まっても、ホテルや温泉旅館に泊まるよりもずいぶん安い。それでいて、よりよい思い出が残る。
        出発時間は自分で決められる。早朝3時出発なんていうのは、キャンピングカーならではの発想だろう。
        いつでも、出発できる。
        そして、予定よりも早く到着したとして、キャンピングカーなので、いわば、動く家なのだから、キャンピングカーの中で静かに待っていれば良い。
        キャンピングカーさまさまである。

        黒部峡谷鉄道最終駅「欅平」

        0

          黒部峡谷トロッコ電車の最終駅まで来ました。
          自然っていいですね。
          やっぱり。

          これで、旅も終わりです。
          これから、家路へ向かいます。
          12時に宇奈月駅へ到着。
          だいたい、12時30分頃出発。
          途中、随時休憩をとり、何時頃に自宅に到着するでしょうか・・・。

          あとで、自宅到着後、わたしなりに今回の旅を総括してみます。



          黒部峡谷トロッコ鉄道へ

          0

            最終日。
            またまた早朝3時過ぎに出発して、6時くらいに宇奈月駅駐車場へ。
            わたしたちの旅行の最終目的である、トロッコ電車に乗る。
            あいにくの雨模様だけど、これも季節感があってよい。

            どんな景色が見れるか楽しみ。


            スーパーカミオカンデ!

            0

              特にこのキャンプ場周辺には有名な観光地はありません。
              だからこそ、キャンプ場でのんびりスゴそうと思っているのですけど。
              ちょっと下界に買い出しに。
              道の駅に行きました。
              そうかぁ!発見。
              わたしのいるところは、岐阜県神岡町。
              なんと、カミオカンデの場所ではありませんか!
              へっえっ!
              もちろん、道の駅にはカミオカンデの紹介コーナーが・・・。
              うーん、すごいことなのでしょうけど、何のことだか難解すぎてわかりません。
              ニュートリノが何かに役立つ可能性があるんですよね?
              みなさん?

              ちょっとだけ学問しました(笑)。


              キャンプ場の朝

              0

                19日の夜に出かけて、4日目。21日の朝です。
                岐阜県の流葉オートキャンプ場というところで朝を迎えています。
                毎日、激しい移動をしていたわたしたちですが、ここでゆっくり1日を過ごす予定です。
                もう1泊ここでします。
                今日は特に予定を立てていないんです。
                近くに何かあったら、楽しむつもり。
                あとは、ぼうっとします。
                そんな醍醐味もできるから、キャンピングカー様々です。
                4泊目ですが、眠ることについての疲れというか寝にくさはありません。
                で、ベース車はハイエースなので、自動車としての乗り心地も最高です!


                今日の宿泊地!

                0

                  今日の宿泊地に14時頃到着!
                  ここに2泊するので、タープも立てる。

                  見晴らし、いいです!
                  急ぎ足でいろいろと見て回ったので、2日はゆっくりする予定。

                  写真は、わたしのタープと愛車「ドルク」ちゃん。


                  ふうん!

                  0

                    白川郷集落のいくつかの中に入ってみました。
                    なるほど!

                    同じ、形の屋根を冠していても、中のつくりはそれぞれに違うんですね。
                    当時の人々の生活の知恵に感激です。


                    今日は白川郷

                    0

                      宿泊地を早朝3時に出発。
                      6時過ぎに白川郷に到着しました。
                      移動距離が長い。
                      おわかりのとおり、私のチョイスではありません。
                      わたしは、効率的を最優先しますので。

                      花より団子のわたしは、
                      焼き団子。これふつうのみたらしと違ってカラット焼き上げていて、小さい玉で(まるで、ぜんまいざむらいの必勝だんご剣みたい)おいしいです。
                      飛騨牛まん
                      飛騨牛串焼き
                      おいしいですなぁ。



                      calendar

                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << November 2019 >>

                      あべたかが書いた本

                      My Facebook Page

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • 121028 学習発表会が終わった〜その1〜
                        あべたか
                      • 121028 学習発表会が終わった〜その1〜
                        大西清美
                      • 111018 デジタルとアナログの融合〜5年算数(東京書籍)「ブロック遊び」〜
                        あべたか
                      • 111018 デジタルとアナログの融合〜5年算数(東京書籍)「ブロック遊び」〜
                        前田 勉
                      • 111028 子どもたちと共に創り上げた学習発表会を終える
                        さとりえ
                      • 111127 アウトラインプロセッサを探す旅(iPhone、iPad、Macとのデータ連携をめざして)
                        あべたか
                      • 111127 アウトラインプロセッサを探す旅(iPhone、iPad、Macとのデータ連携をめざして)
                        midorik
                      • 121203 【感想】【東日本大震災復興特別プロジェクト】第5回東北の子どもたちが元気になる「子どもホワイトボード・ミーティング」講座」
                        あべたか
                      • 121203 【感想】【東日本大震災復興特別プロジェクト】第5回東北の子どもたちが元気になる「子どもホワイトボード・ミーティング」講座」
                        ちょんせいこ
                      • 121203 【感想】【東日本大震災復興特別プロジェクト】第5回東北の子どもたちが元気になる「子どもホワイトボード・ミーティング」講座」
                        あべたか

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM