121204 なんだか、tumblrがいい感じだなぁ。

0
    なんだか、すでにtumblrを始めている方には今更の感じかもしれませんが、わたし的に、ちょっとtumblrにはまりそうな予感がしてしまっています。

    今、個別懇談やら、成績をつける作業やら、いろいろとあるわけですが・・・。
    そういうときって、目的もなくネット上を徘徊してしまうわけです・・・苦笑。
    で、今のわたしにはtumblrなんですよね(笑)。

    もし、このブログの更新が止まっているとしたら、tumblrの住民になっているからかもしれません。
    たぶん、ここしばらくの間、このブログは更新しなくても、tumblrだけは最低1日に1度は更新しそうな感じです。

    いつも、このブログをご覧いただいている皆様、ぜひ、下のわたしのtumblr(あべたか's Scrapbook)にいらしてください。
    で、興味を持ったら、tumblrを始めてみませんか?
    で、tumblrを始めたらわたしに教えてください。tumblrはTwitterのようにお互いにフォローし合うことで簡単に更新情報を共有できたり、リブログ(自分のページに相手がアップした内容を引用すること)ができるんです。

    まわりに、tumblerをしている友人が少ないので、フォローしている人が少ないんです。
    で、見つけた!と思っても、ほとんど最近更新していない方々ばかり。
    ぜひ、アクティブにつながりましょう!みなさん。

    ということで、わたしのtumblerアドレスは下です。




    121113 Preziでのプレゼン〜「MAPミーティング2012」の中で〜

    0
      MAPミーティングでは、宣言したとおり、Preziを使って自分の与えられた時間を過ごした。
      これで、人の前でPreziを使って話すのは6回目になろうか。

      Preziは無限の大きさの模造紙と考えるとわかりやすいと思っている。その模造紙に出来上がりを考えて自分の主張したい文や図を配置していく。ここまでで自分のプレゼン構想は終わりだ。
      次に、この出来上がった模造紙のパーツパーツを拡大縮小して好きなように見せていくことができる。

      Preziがパワーポイントなどのような今まであったプレゼンテーションツールとは動きや見せ方が全然違うので、一応Preziを使ってプレゼン画面を作ってみましたという日本人のサイトが幾つかある。そのすべてとは言えないが、多くは画面画面をただ横や上や斜めに動かしているだけのものである。これでは、パワーポイントの画面の方が見やすいように思えてしまう。パワーポイントはいわば電子紙芝居。一枚一枚の紙をめくって行くようにして見ている人に表現する。Preziは繰り返すが無制限の大きな模造紙。でも、書いてある場所場所を示していくようなプレゼンであれば、電子紙芝居であるパワーポイントのほうが見ていて安心するように思う。
      だからこそ、Preziだからこそのプレゼン画面を考えなければと思う。

      わたしは、今回、日本地図全体を見せたあと、次は宮城県をズームインし、志津川自然の家に迫るような(例えば、Googleアースが地球全体から日本に迫るような感じの)動きを取り入れた。これは、すっごく簡単な仕組みで日本地図の志津川自然の家がある場所に志津川自然の家の写真をすごく小さくして貼り付けておいて場所指定をすれば日本地図から志津川自然の家にドーンとズームインされる。
      猪苗代湖近くに(見本の)千円札の画像を貼り付けておき、福島県全体から猪苗代湖の野口英世の生家当たりにズームインし、同時に、野口英世の顔だけにズーム、野口英世の話をしてから少し引いて千円札全体を表示して千円札の話をする、という手法をとった。
      これは、わたしなりに自分の話にストーリーを作った訳である。
      見ている人は、ズームが変わることで場所を移動しているような擬似体験ができたのではないかと思う。

      他にも、わたしが話したい4つのキーワードを話し、一つ一つについて説明画面を表示し、説明したのち、次の画面では全体的に画面を引くとその4つが表示されて一つのまとまりとして表示される。これで、4つの関係性が見ているだけでそれなりに理解できたのではないかと思う。

      Preziはとりあえず、日本語に対応しているというだけであって、本格的に日本語に対応した感じはない。そのため、装飾がとても貧弱だ。それでも、動きだけでも使う価値があると思ってわたしは使っているが。
      このPreziを使い続けることで、ちょっとしたPrezi使いになってこれからもいろんなところでプレゼンしまくりたいと思っている。
      考えたことをストーリー仕掛けでプレゼンできることがなんともいえない魅力である。

      6回目のPreziでのプレゼント書いたが、今回新しい試みを2つしている。
      1つはMacBookAirを使ったこと(今まではiPadを用いてPreziのプレゼンをしてきた)。
      もう一つはYouTubeを埋め込んで使ったこと。
      である。
      ちょっと順序が逆になるが、今回、授業場面の映像を流したかった。Preziで映像を流すとなると、YouTubeからの埋め込みをするしかない。Preziは実は単体のアプリ(ソフト)ではなく、ウェブアプリ(ソフト)なのである。。ウェブ上のアプリなのだから大容量の動画をそこにアップするのは難しい。それゆえのYouTubeの埋め込みである。しかも、シークレット(プライベート)のYouTube映像を埋め込むには(わたしが技術的にできないだけかもしれないが)iPadでは難しく、パソコンを使うしかないと判断した。
      そうなると、MacBookAirが必要である。MacBookAirを購入したのはいいけれど、考えてみればMacBookAirをプロジェクタにつなぐのは初めてであった。もちろん、MacBookAirを購入したときにMacBookAirでプレゼンすることを前提に購入しているのでMacBookAirとプロジェクタとをつなぐケーブルは購入している。南三陸という少し人里離れた場所で日常的に使っているdocomoのモバイルルーターを介してのYouTube映像をPreziに埋め込んでのプレゼンは少し冷や冷やもんでした。ま、周囲の方々にはそういうことは漏らしませんでしたが。結果的にはちょっと映像が流れるときに待たせる場面がありましたが、まあまあ成功。他のところでもこのパターンでやれることがわかりました。

      教育界のベストPrezi使いを目指します(笑)。

      121112 tumblrはじめました!

      0
        今更ですけど、tumblrをはじめました。
        ブログ、Twitter、Facebook、foursquare、Google+、Instagram、など数々のSNSを使っているんだけれど、iPhoneやiPadでtumblrの表示が頻繁に表示されるので、じゃ、とうろくしちゃえ!と思ってしちゃいました。

        ブログのようにしっかりとした情報発信の場とは別に、どちらかというと写真、イラストを載せる場、または、情報を収集したものをスクラップしておく場として使っていきたいと思っています。
        みなさんも、tumblr。フォローし合いましょうね。

        以下がわたしのアドレスです。




        121107 やっぱおもしろいなぁ。Prezi

        0
          今週末に迫った「MAPミーティング2012」のプレゼンを作っている。
          MAPmeeting2012

          すでにレジュメは送っているので、今は、当日パソコンを使って提示する画面の作成だ。
          ツールは「Prezi」である。
          「Prezi」でプレゼンを作っていると、面白くて面白くてしかたない。
          夢中になるし、アイデアが次から次へと浮かんでくる。
          きっと、わたしには適したプレゼンツールなんだと思う。

          平成元年。教師に成り立ての頃からパソコンが好きでたまらなかった。
          しかし、あるとき、なんだかむなしくなり、パソコンから離れたくなった。
          仕事の道具としてだけしか見られなくなり、日常的にはさわりたくないと思ったときがあった。
          そんなとき、ふとした気まぐれで、Macを買った。
          わたしの近くには誰も使っている人がいなくて独学した。
          (東京には、何人か知り合いがMacを使っていたがうまく聞くことができなかった)
          四苦八苦しながらMacの使い方を覚えたが、あっ、パソコンは面白い!
          そう再び思ったのが、Macだった。
          以来、パソコンが好きなままでいる。
          パソコンと言うよりもMacが好きなんだと思う。
          職場にあるウィンドウズPCは文字通り仕事の道具としてしか見られない。愛着がわかない。最近は、どんどん触る時間が減っている。

          なぜ、こんなことを書くかというと、Preziがそんな感覚なのだ。
          味気ないプレゼン画面を作成する作業をPreziを使うことで楽しくさせてくれる。
          なんて、素敵なツールなんだと思う。

          集まってくださった方に、どれほど、説得力あるプレゼンを展開できるかわからない。
          しかし、わたしが楽しんで作り、話すところを見ていただきたいと思う。

          ちなみに、プレゼンとは異なるが、iPadのアプリ「ZeptoPad」で図を描くときもそんな感覚にさせてくれる。

          MacにPreziにZeptoPad。
          うーん、何か共通点があるのかもしれない。

          * まだ、プレゼンは完成していない。8割方完成と言ったところか。今日は温めて寝ることにしよう。

          【参照】

          120708 宿泊学習のスライドショー完成!

          0
            shukuhaku

            昨年も紹介したかな。
            先週、行ってきた宿泊学習のスライドショーを今週の授業参観の懇談会で保護者の方にお見せしたくて、Macの簡単お手軽スライドショー作成アプリWondershare Photo moviemaker Fantashowで作成した。

            ただ単に、写真が表示されるのではなく、タイトルやトランジション(写真が入れ替わるときの効果)やシーンごとに文字を挿入することも簡単である。

            いい感じに仕上げることができた。
            何といっても、AppStore対応なので、購入手続きも簡単だし、バージョンアップなどの通知はそこから知らせてもらえるだろう。できれば、Macの全てのアプリがAppStore対応になってほしいんだけど、そこまではうまくできないのだろうな。
            とにかく完成してほっとしている。


            120617 思考整理サービスはmemememoに決定!

            0
              memememo02


              せっかくパソコン(Mac)、iPhone、iPadがあるんだから、それらを縦横無尽に使いこなす、サービスそしてデータを使いたい、そう思う方が増えているでしょう。
              そこで、Cloud(クラウド)が注目されて、いろいろなサービスが提供されています。
              データの保存にはDropbox、写真はflickr、動画はYouTube。これらをわたしは使っていますが、他に思考整理などもクラウドでできるものはないかと、つい探してしまいます。

              見た目が素敵で、自由に使うことができるサービスとして、「lino付箋」というサービスがあります。
              これは、画面に擬似的な大きなコルクボードを再現し、そこに付箋紙を貼り付けていく感覚です。
              日付をつけて、Googleカレンダーと連携させるというような素敵なサービスがあったり、日付に合わせてメールで報告してくれたり、写真やデータファイルを貼り付けたりすることができます。
              見た目が洗練されているので、随分前からメンバーになり使い始めていました。
              しかし・・・、うーん、わたしにはうまく使いこなせません。
              たぶん、日常的に付箋紙を上手に使っている方はそれがバーチャルに画面に表示されるだけなので、苦労なく、というか逆に快適に使えるのでしょうね。
              基本、付箋紙を好きな場所に好きなように貼るだけなのです。

              わたしは、それだけじゃ満足できません。
              イメージとしては、テキストとテキストをつなぐ。例えば、アウトラインプロセッサのように。
              もう少し発展させて、データとデータを結び付けられたら快感。
              写真や動画をflickrやYouTubeから貼り付ける。
              文章、Todo、住所録、スケジュール、などなど、様々なデータを管理し、それらを自由自在に関連づけたい。
              これを実現させてくれるのが、memememoというサービスです。

              このサービスは見た目、「lino付箋」のようにコルクボードの画面にカードを貼り付けていく感じです。ま、付箋紙と言うよりもカードですけどね。
              で、このカード。テキストカードとか住所録カード、Todoカード、チェックリストカード、画像カード、動画カード、データカード(様々なデータをアップロードできる)、pdfカード(pdfをアップロードし、かつ、参照できる)、あとは面白いのはAmazonカード(Amazonの商品検索をし、かつ、それにメモを残しておけるカード)などがあり、目的に応じて、目的のカードを使って書いていくのです。
              で、おもしろいのは、これらのカードを階層管理できます。
              で、もっともっとおもしろいのは、どのカードとも階層管理できます。


              例えば、今、わたしがやっているのは、宿泊学習というテキストカードを作ります。これは、見出し的な感じですね。
              その下に、住所録カードで世話になる自然の家の住所を書いたカードを保存したり。
              第1日目などのテキストカードを作って、その下に活動プログラムをスケジュールカードに書いておきます。
              そのスケジュールカードの下に準備物などを書いたTodoカードを書いたり、チェックリストカードで整理したりしています。
              いただいた、pdfの資料をここに貼り付けておきます。
              また、階層管理ではありますが、階層を飛び越えて、カードとカードのリンクもはれます。
              おもしろいです。

              今、わたしはmemememoを中心に自分の思考整理や日常生活の管理をしています。

              すっごく便利そうに見えるmemememo。
              デメリットもいくつかあります。
              第一に、上で紹介したように、多機能なので、その分、操作や考え方が複雑です。慣れるまでに時間がかかります。操作になれるまでにイライラして、使うのをやめてしまう方もいらっしゃるような気がします。わたしは、ここをとりあえず乗り越えたので、楽しく使っています。
              第二に、iPhoneやiPadでも使えますが、アプリで提供はされていません。ウェブにアクセスして使うという感じです。で、ブログのモバイルモードのような画面になります。この画面はあまりファッショナブルとはいい難く、使っていて心地よさは感じません。できれば、専用のアプリで提供されるのがベストですが(ちなみにlino付箋はiPhone、iPad用のアプリが提供されています。)。

              以上、操作性などお願いしたい部分はいろいろとありますが、でも、今、わたしが一番心地よく、使える思考整理のウェブ
              サービスです。
              もっと、たくさんの方がユーザーになっていろいろと問題提起されれば、提供者の方も「お金になるかもしれない」と思い(と思うんだけどどうだろう)、より使いやすいサービスに発展していくような気がしています。

              これ、非公開はもちろんのことながら、公開、そして、共有などができるので、コラボレーションツールとしても使えるみたいです。一緒に使っていける友達がいたらうれしいな。誰か興味をもって使ってみませんか?

              ちなみに、下は「lino付箋」の画面です。
              ゴールデンウィークに酒田に旅をするので、事前に情報を集めたものと、実際に、行ってきたことをメモした一部です。
              lino01

              「lino付箋」の画面の下は、memememoの画面の一部です。
              これは、息子の卓球の試合情報を整理した画面です。
              ある日の試合の名称。そのときの対戦相手(対戦表を写真で撮り画像カードに貼り付けました)。試合を見ての感想(これはテキストカードを使用)、そして、試合の様子(試合の動画をYouTubeにプライベートモードでアップしておき、その動画をリンクさせたもの)です。
              memememo01

              memememo03.jpg

              ちなみに、iPhoneの画面は以下です。ちょっと貧相ですよね。
              IMG_3971

              どうでしょうか?memememoの方が、情報量が多く、かつ、整理されていると思いませんか?これらを階層でまたはカードごとの管理ができると心地よい感じがするでしょ?
              わたしだけかなぁ・・・笑。

              【参照】
              lino - 付箋と写真を共有しよう!
              ミームメモ

              Posted from DPad on my iPad

              120616 写真は全てflickrへ。そしてパソコンソフトはflickery(Mac)を!

              0
                flickery

                夏、新しいMacOS、「OS X Mountain Lion」が搭載されたiMacが発売されたら購入しようと思っている。
                (しかし、お金が全くないので、勝手に自分だけが夢想している状態ともいえなくもない)
                新しいパソコンを買い換えたり、または、買い換えなくてもHDDの整理で一番面倒なのが、静止画(写真)と動画の扱いだ。わたしのMacBookのHDD内は半分を越える勢いで静止画と動画が占めている。

                で、すでにやられている方が多いのだろうけど、改めて、静止画と動画の全てをflickrとYouTubeにアップすることにした。最初は全てprivateモード(つまり非公開モード)でアップする。(動画の全てというと実際はウソになるけど。時間が長すぎるものはアップできない。外付けHDDに保存している)そのため、flickrはいよいよ有料会員となった。これで画像の大きさや枚数など心配しなくてもよくなった。

                まだ、作業の途中だが、時間があり、パソコンに張り付いている必要がないときにパソコンにアップ作業をさせて、自分は夕食を食べたり、本を読んだりしている。

                flickrに写真をアップすることのメリットはいくつかある。
                1 データがflickrというクラウド上にあるので、パソコン、iPhone、iPadのいずれでも簡単に閲覧できる。
                2 新しいパソコンなどに買い換えるときデータの移行などしなくていいのでとっても気楽である。
                3 ブログで写真を貼り付けたいときは、flickrから貼り付ければいいので簡単である。
                4 MacもiPhoneもiPadも専用アプリを使うことでまるで本体の中に写真があるような感じで閲覧、操作ができる。

                わたしは、Macではflickery。iPhone、iPadではFlickStackrというアプリを使っている。
                FlickStackrというアプリは後日、紹介するとして、今回はMacのアプリ「flickery」を少し紹介しておこう。
                「flickery」の画面は上に貼り付けたとおりである。
                見た目、iPhotoに近い画面で見ることができる。

                アップロードしたい写真を複数選択し、ここに引っ張ってきてアップロードボタンを押すと簡単にflickrにアップロードできる。このアプリで、tag付け、任意のsetへの保存、コメントも簡単にできる。また、flickrでは案外面倒なダウンロードも簡単にできる。
                わたしとしては、すっごく使い心地がよくオススメである。
                久しぶりによいアプリを見つけたなぁと実感している。

                120417 日常的にプロジェクタを使う日々 その2〜自作したワークシートはそのままpdfにしてiPadに入れておく〜

                0


                  の続きです。
                  授業で、ワークシートを自作することは多いですよね。
                  自作したワークシートは印刷すると同時に、pdfにしてMac経由でiPadのiCloud内のGoodreaderフォルダに入れておきます。
                  ちなみに、MacとiPad、iPhoneの間であれば、Dropboxのように指定の場所に保存するだけで自動的にファイルが同期されます。
                  以下を参考にしてください。



                  これ、便利ですよ。
                  Macで作成したpdfをそのまま上のリンク先にあるような指定先フォルダに保存しておけば、【神アプリ】GoodReaderで読み取れますから。

                  Goodreaderはファイラーであると同時にpdfビューアとして使えます。いろいろとpdfビューアがありますが、Goodreaderをわたしはpdfビューアとして使っています。

                  使い方です。
                  子どもたちにワークシートを渡すと同時に、マグネットスクリーンにワークシートを映し出します。
                  iPadの縦画面で映すとワークシート全体を映し出すようになります。
                  例えば、以下のようにです。

                  Untitled

                  いくらスクリーンとはいえ、ワークシート全体を映し出されると後ろの方の子どもたちはなかなか見えにくいです。
                  そこで、iPadを横画面にします。すると、横幅に紙面を合わせることができます。そうなると全体は見えにくくなりますが、ぐっと見やすくなりますね。
                  こんな感じです。

                  Untitled

                  上下指で動かすことで簡単に見せたい場所を見せることができます。
                  そこで、ホワイトボードマーカーを手にし、実際にマグネットスクリーンに書き込んで見本の書き方を例示できます。子どもたちはぐっとイメージしやすくなるはずです。
                  これ、パソコンだとなかなか面倒なのですが、iPadではとっても簡単にできます。
                  オススメです。


                  120416 日常的にプロジェクタを使う日々 その1〜教科書をScanSnapで取り込んで〜

                  0
                    Untitled

                    わたしがかつて2005年に教室全てにプロジェクタが入る。その時にどんなICT教育を行っていくかを全国展開で話し合っていた「2005年の教室を考える会」という会に積極的に参加していた頃、花形の活用が「パソコン+プロジェクター+マグネットスクリーン」というものでした。

                    知って、早く、実践してみたかったのですが、直ぐ近くにはその環境が無く、じゃ、自腹で買いそろえるしかないと買いそろえた頃には・・・自分は学級担任ではなくなっていました。
                    教務主任で、各教室を巡るとき、いちいち、パソコン、プロジェクタ、マグネットスクリーンを持ち歩くのはなかなかしんどくて、黒板にセットするために数分かかるのがもどかしくて。それほどまでに効果はあるのだろうか?などと考えてしまって。
                    つまりは、所持していながらも使わないようになってしまいました。

                    さて、昨年度、6年ぶりに学級担任に戻れました。
                    が、ちょっとわたしの心がフラフラしていてなんだかモヤモヤのまま1年が終了。
                    で、持ち上がりの今年度。今年度が過ぎたら、またいつ担任になれるかわかりません。やりたいこと、考えていることを思い切りやらなくちゃ。

                    そこで、「iPad+プロジェクタ+マグネットスクリーン」を日常的に使い始めました。
                    大画面液晶テレビが普及している今。
                    今さらの「マグネットスクリーン」です。
                    でも、わたし的には重宝しています。
                    やっぱ、画面に書き込めるっていいです。
                    「プチ電子黒板」気分です。

                    わたしは、個人的に教科書を書店から購入し、それをカッターで切り、スキャンスナップ(ScanSnap)で読み取りpdf化して、iPadアプリ、GoodReaderで映しだして使っています。

                    Untitled

                    パソコンで映し出すよりもすっごく便利です。
                    指で拡大縮小が感覚的にできるのは、パソコンで拡大縮小させるの比ではありません。
                    ストレスなしに、子どもたちに見せたい画面を見せることができます。
                    子どもたちも具体的に指示できて、説明できて、わかりやすくなっているみたいです。
                    いい感じです。


                    120415 「lino it」覚え書き

                    0
                      以前、少しのめり込みかけた、オンライン「付箋紙サービス lino it」。 iPadアプリなどが充実してきたので、再び本格的に使ってみようかと情報を集めてみました。


                      calendar

                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      2930     
                      << September 2019 >>

                      あべたかが書いた本

                      My Facebook Page

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • 121028 学習発表会が終わった〜その1〜
                        あべたか
                      • 121028 学習発表会が終わった〜その1〜
                        大西清美
                      • 111018 デジタルとアナログの融合〜5年算数(東京書籍)「ブロック遊び」〜
                        あべたか
                      • 111018 デジタルとアナログの融合〜5年算数(東京書籍)「ブロック遊び」〜
                        前田 勉
                      • 111028 子どもたちと共に創り上げた学習発表会を終える
                        さとりえ
                      • 111127 アウトラインプロセッサを探す旅(iPhone、iPad、Macとのデータ連携をめざして)
                        あべたか
                      • 111127 アウトラインプロセッサを探す旅(iPhone、iPad、Macとのデータ連携をめざして)
                        midorik
                      • 121203 【感想】【東日本大震災復興特別プロジェクト】第5回東北の子どもたちが元気になる「子どもホワイトボード・ミーティング」講座」
                        あべたか
                      • 121203 【感想】【東日本大震災復興特別プロジェクト】第5回東北の子どもたちが元気になる「子どもホワイトボード・ミーティング」講座」
                        ちょんせいこ
                      • 121203 【感想】【東日本大震災復興特別プロジェクト】第5回東北の子どもたちが元気になる「子どもホワイトボード・ミーティング」講座」
                        あべたか

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM