110514 和田竜著「のぼうの城」(上・下)(小学館)

0
    歴史小説を定期的に読みたくなる。どちらかというと、歴史上の有名な人物を読むことが多い。
    そんな中、この本が目に付いた。
    それなりに知っているつもりのわたしが知らない武将。
    文庫本の帯に、累計100万部突破と書いてある。



    正直、書きぶりだけをとると、少し物足りない。
    司馬遼太郎とか山岡荘八とかと比べると、なんというのだろう(まぁ好みの問題だろうが)深さというか重厚感がないように思える。軽い感じがするのだ。誤解を与えるかもしれないが、歴史小説のライトノベルという感じがする。
    上下巻に分かれているのだが、読むスピードが遅いわたしでも、本当にすぐに読み終えてしまったのだ。

    ただ、この主人公に目を付けて、本にしたことは素晴らしいと思う。
    「のぼう様」と呼ばれる城代。のぼうというのは「でくのぼう」という意味を指す。
    ほぼ何もかもろくなことができず、手伝ってもらうとガチャガチャになるので手伝ってもらわない方がいい。無表情で毎日ぼんやりと過ごしていて何を考えているかわからない。武士にもかかわらず馬にさえ乗れない。
    農民にまで「のぼう様」と言われてバカにされている。影で噂されるのではなく、直接農民からも「のぼう様」と言われる次第。

    周りを固める家老は、それぞれが個性的で簡単に一つにまとまりそうもない。しかし、なぜか、このなにもできない「のぞう様」中心に城下がまとまっていく。

    石田三成vsのぼう様(成田長親)

    という構図は、すごくおもしろい。
    書き方として、成功しているのは、徹底的に第三者の視点で書いていて、「のぼう様」の心の様、考えていることを一度も文章として書いていないことだろう。こうすることで、周囲の評価が「のぼう様」そのものを作り出していく。

    たしかに、自分が自分のことをどう思っていようが、実際は周囲が自分をどのように評価するかで自分自身というものが決まってしまうんだよね。例えば、自分はとても臆病と思っていても、周囲が勇敢な人だと思ってしまえば、その人は勇敢な人ということになってしまう。

    この「のぼう様」は日頃、なにもできない馬鹿者の様に生きてきても、なぜか、周囲から愛され、のぼう様のためならば命を捨ててもいいとさえ思われてしまう。人というのは面白いものだ。

    読書というのは、自分の興味と結びつけて読むものである。
    わたしは、自然と「チーム」そしてリーダー」という観点で読み進めている自分に気づいた。
    個性豊かな家臣をまとめていくには、リーダーはなんにもできなくて頼りなくしておけば、周りが自然にまとまっていくということもあるよなぁって思った。
    また、こんなにも強烈な個性を一つのチームとしてまとまるのってどういうことなんだろうと思った。「目的」がきっちりと一致したからんだろうな。このあたり、興味深く読むことができた。



    Posted from dPad on my iPad

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>

    あべたかが書いた本

    My Facebook Page

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 121028 学習発表会が終わった〜その1〜
      あべたか
    • 121028 学習発表会が終わった〜その1〜
      大西清美
    • 111018 デジタルとアナログの融合〜5年算数(東京書籍)「ブロック遊び」〜
      あべたか
    • 111018 デジタルとアナログの融合〜5年算数(東京書籍)「ブロック遊び」〜
      前田 勉
    • 111028 子どもたちと共に創り上げた学習発表会を終える
      さとりえ
    • 111127 アウトラインプロセッサを探す旅(iPhone、iPad、Macとのデータ連携をめざして)
      あべたか
    • 111127 アウトラインプロセッサを探す旅(iPhone、iPad、Macとのデータ連携をめざして)
      midorik
    • 121203 【感想】【東日本大震災復興特別プロジェクト】第5回東北の子どもたちが元気になる「子どもホワイトボード・ミーティング」講座」
      あべたか
    • 121203 【感想】【東日本大震災復興特別プロジェクト】第5回東北の子どもたちが元気になる「子どもホワイトボード・ミーティング」講座」
      ちょんせいこ
    • 121203 【感想】【東日本大震災復興特別プロジェクト】第5回東北の子どもたちが元気になる「子どもホワイトボード・ミーティング」講座」
      あべたか

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM