110611 レポート研究会初参加〜上條さんにビシバシしごかれる!〜

0
    レポート研究会


    わたしにとっては伝説の会に昨日は初めて参加させてもらいました。
    その名も「レポート研究会」。
    中心となる上條晴夫先生(東北福祉大学)の研究室がその場所です。
    わたしの記憶によれば、上條さんが東京に在住の頃、その仲間たち(わたしが今でも尊敬する方々)と定期的に開いていた会です。
    その内容を聞くたびに、すごい話し合いをしているなと思いつつも、わたしのような小心者が参加したのではお荷物であろうと、若い時のわたしは思っていました。

    上條さんがいよいよ仙台にてレポート研究会を始めたということは聞いてはいたのですが、自分から混ぜてくださいといっていいものかどうか迷っていました。わたしにとってはとても高い門です。そんな中、今年度、上條さんの方からわざわざわたしを誘ってくださいました。光栄なことはあっても断る理由がありません。ぜひに!と仲間にいれてもらいました。

    さて、昨日がわたしにとっての初参加。
    顔見知りの方々ばかりとはいえ、それはそれ。小心者のわたし。
    気持ちはドキドキです。
    上條さんを除くと経験年数は一番あるわたし。しかし、経験だけあって内容がありません。文章の書き方にもいまだに自信がありません。

    で、前日の金曜日。
    何を持って行こうか考えて、結局は、今、わたしが行っている社会科の授業システムをレポートにして持って行きました。

    さてさて。
    その結果です。
    予想通り、コテンパンにやられました(笑)。
    玉砕という感じです。

    それぞれがお互いに思ったことを素直に質問し合い、提案し合います。
    だから、キツイの何のって(笑)。
    ま、上條さんが東京でやられていた時よりは、お手柔らかにされているような気がしますが(わたしたちは、まだあの方々に迫るような力がないと実感しています)。

    自分のレポートを通して感じたことは大きく2つあります。

    第一は、わたしはまだまだ「子ども中心」ではなく「教師中心(わたしがやりたい方法中心)」で授業を組み立てているということを改めて実感したということです。
    わたしはレポートの中で、本実践の課題として、現時点でこの学習の進め方になじめない(抵抗を示す)子がいることを書きました。
    その瞬間、上條さんから
    「意味わかんない」
    「なぜこのレポートを書いてきたのか?」
    「なぜこの授業をやっているのか?」
    とキツイ一言をいただきました。
    最初、上條さんが何を言っているのかわかりませんでした。
    しかし、次の一言で頭をガツンと殴られます。
    「この学習の進め方になじめない子がいるわけでしょ?だったら、どうしてその子が学習活動に抵抗なく混ざれるように、楽しく入れるように学習の進め方を変形しないわけ?」
    「あのね、この授業の進め方は阿部さんが考えたわけじゃん。だったら、考案者として責任があるわけさ。少なくとも目の前の子どもたちが参加できて、効果があるような形にカスタマイズ、またはバージョンアップする努力をしなくちゃいけないでしょ」
    「阿部さん、パソコンが好きで、そちらに関しては自分が使いやすいようにカスタマイズ、バージョンアップしているのだから、授業でもそのあたりを模索しなくちゃだめでしょ」
    キツイなぁ(苦笑)。相変わらずキツイなぁ(笑)。
    歯に衣着せぬ言い方をするのが、上條さんの方からすてきなところ。
    頭にガツンと一発くらいましたが、真実のことを言われてしまっているので納得するしかありません。
    しっかりと持ち帰り、考え直したいと思ったところです。

    第二は、自分の性根というか取り組み方です。わたしは実力もないのに「大きな装置」が好きなのだということです。今回、持参したレポートは単元全体から1時間の授業の進め方を含んだシステムを書いて行きました。これは、とても大きな装置です。
    で、大きな装置は教育技術などの他にその先生の教育観、授業観などの思想が含まれてくるという話になりました。全体をひっくるめて授業を進めるわけです。ちょっくらやっってみるという感じにはならないはずです。で、この「大きな装置」の例としては『学び合い』、築地久子さんの実践、奈良女附属の先生方の授業、見たこと作文、ライティングワークショップ、・・・などなどが入ります。
    小さな装置とは、教育観や授業観のような大きな風呂敷は必要なく、授業の中でちょっとやっちゃえるようなものです。協同学習の技法の多くはこれに当たります。
    例えば「ライト=ペア=スイッチ」という技法があります。自分が書いた文章(例えば授業の振り返りでもミニ作文などでもなんでも)を3人の人に読み上げて感想をもらうとうようなものです。これは教育観などと大上段にかまえなくとも普通にどんな授業の中でも取り入れられる技法です。
    しかし、わたしは無意識のうちに「大きな装置」を取り入れてやろうとします。
    築地久子さんを真似ようと思ったのもそうでした。見たこと作文をやってみようと思った時もそうでした。『学び合い』もしかり。
    なんだか、上條さんに見透かされています。
    ふうっ(苦笑)です。
    「大きな装置」を展開していくということはそれだけ、その実践者(つまり、今回はわたし)に大きな覚悟が必要です。そして、ぶれないことが必要です。しかし、わたしはその都度ぶれまくっています。46歳にしていまだにブレまくりです。
    ははは。
    なんとかしなくちゃいけません。自分。

    先週は東北青年塾で、杉渕先生にガツンとやられました。
    昨日のガツンはまた種類の違うガツンです。
    5人という少人数の中、自分に火をつけてもらう感じでした。

    次回、ちょっとはまともなレポートを書いて行くように努力したいと思います。

    その後のタイ料理、美味しかったぁ。
    タイ料理


    Posted from dPad on my iPad

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>

    あべたかが書いた本

    My Facebook Page

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 121028 学習発表会が終わった〜その1〜
      あべたか
    • 121028 学習発表会が終わった〜その1〜
      大西清美
    • 111018 デジタルとアナログの融合〜5年算数(東京書籍)「ブロック遊び」〜
      あべたか
    • 111018 デジタルとアナログの融合〜5年算数(東京書籍)「ブロック遊び」〜
      前田 勉
    • 111028 子どもたちと共に創り上げた学習発表会を終える
      さとりえ
    • 111127 アウトラインプロセッサを探す旅(iPhone、iPad、Macとのデータ連携をめざして)
      あべたか
    • 111127 アウトラインプロセッサを探す旅(iPhone、iPad、Macとのデータ連携をめざして)
      midorik
    • 121203 【感想】【東日本大震災復興特別プロジェクト】第5回東北の子どもたちが元気になる「子どもホワイトボード・ミーティング」講座」
      あべたか
    • 121203 【感想】【東日本大震災復興特別プロジェクト】第5回東北の子どもたちが元気になる「子どもホワイトボード・ミーティング」講座」
      ちょんせいこ
    • 121203 【感想】【東日本大震災復興特別プロジェクト】第5回東北の子どもたちが元気になる「子どもホワイトボード・ミーティング」講座」
      あべたか

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM