120922 今日も充実した学びだった〜第3回東北の子どもたちが元気になる「子どもホワイトボード・ミーティング」講座(石巻)〜

0
    IMG_4817

    今日、研修に参加して、改めて、自分は「学級担任」をこの職業が続けられなくなるまでやり続けたいと思った。
    やっぱさ、楽しいんだよね。おもしろいんだよね。
    日々、担任として子どもたちや同僚、保護者と関わっていると、楽しいことばかりではなく、たいへんなこともある。
    でもさ、こうして、「学び」について、自分自身が「体験」を通して学んでみると、こういう「知的」なおもしろさやわくわくかんを子どもたちにも感じてもらいたいと思うわけ。

    もちろん、それを、説教的になったり、強制的になったりすることなく、子どもたちの気づきを中心にね。
    世の中には、自分がよいと思ったことを「よいことだから」という理由で、強制的に行わせようとする人たちもいるわけで。
    でも、そういうのって、当人の「納得」がないままで行っているから、どこかで「齟齬」が生じるはずなんだよね。

    ま、とにかく、「学級担任」っていいなと思ったわけ。

    で、とりあえず、今年は「学級担任」を任せてもらって、素敵な子どもたちと一緒に生活でき、こんな素敵な職業はないなと思っています。

    今日は、特別講師として甲斐崎博史さんもいらっしゃいました。
    そうです。
    甲斐崎さんはアドベンチャープログラムのファシリテーターとして第一人者。

    このファシリテートを1時間30分間近で見ると同時に、甲斐崎さんがこれでもか!と繰り出すアクティビティをたっくさん体験できました。
    たくさんのアクティビティもさることながら、わたしたちにどのように参加してもらうかとか、気づきをどのように促すかとか、そのあたりの立ち位置だったり、やりとりだったりは、実際に体験しないとわかりません。
    そこを目の当たりにできたのが、最大の収穫でした。
    目の当たりにしたからといって、明日から甲斐崎さんのようなファシリテートができるかというと無理だと思うのですけどね。
    ただ、少なくとも、甲斐崎さんのファシリテートを体験したことで、イメージ化ができたわけで、そこにわたしの性格やら特質やらを加えていって、わたしだからこそのファシリテーターになっていきたいと思ったわけです。

    ちょんせいこさんの講座ももちろん、刺激的でした。
    せいこさんの講座を受け続けることで、おもしろいですね。
    私自身のホワイトボード・ミーティングの理解も少しずつ深まりますが、それと共に、自分自身の成長を感じることができます。
    例えば、せいこさんが前回参加した講座の時と似た下り、または、同じ下りを話すときがあります。
    同じ人間なので同じ感じ方をしたり、またか、と思ったりしてもよい訳なのですが、毎回、必ず、新しい発見、気づきがあります。
    つまり、これは、私自身が成長しているために、前回気づかなかった部分を気づくわけですよね。
    自分自身を肯定的に見るためにも、せいこさんの講座は指針になります。

    また、せいこさんはホワイトボード・ミーティングをはじめ、ご自分が紹介される様々なことを「技術」とおっしゃいます。
    「技術」は練習すれば身につくことができるものです。練習の基本は「くり返し」です。「ドリル」です。
    そういう意味でも、何度もせいこさんの講座を受け続ける意味があるのだと思います。
    また、参加者や一緒にかかわる方は必ず、前回とは異なります。
    ベテランの方であっても、初心の方であっても、それぞれの感じ方をするので、その話を聞くことで、「そういう考え方、感じ方もあるのね」という気づきもあります。

    わたしの頭の中に、体験を通して、事例集ができあがっていく感じです。
    今日も、すてきな一日でした。

    月曜日、学級活動の時間があります。
    とりあえず、今日学んだことを取り出して、いくつかやってみます。

    本当に、せいこさん、甲斐崎さん、ありがとうございました。

    コメント
    この度も大変、お世話になりありがとうございました。東北青年塾のみなさまに心から感謝です。広がりと深まりも感じています。
     
    私もKAI(甲斐崎博史さん)からいろんなことを学びました。私もKAIのような、あべたかさんのようなファシリテーターになりたいです。
      
    身近に(遠いですけど)同年代(あべたかさんは同じ年)に、そんなふうに思える仲間がいることは、ホントに幸せなことだなあと思います。
     
    学びのタイミングとポイントは、学び手の中にあるから。チャンスを作り続けたいと思います。次は12月。よろしくお願いいたします!
    • ちょんせいこ
    • 2012/09/23 5:43 AM
    こちらこそありがとうございます。
    せいこさんとお会いするたびに、少しずつ、私自身の人間性も深まるような気がして、なんだか自己肯定感が高まっております。
    感謝です。

    自分で言うのも何ですが、わたしは、口ばかり人間で、面倒くさがり屋なので、なるほどと思っても、実際にはやらないことばかりです。
    また、自分は自分でありたい、みたいな傲慢性も持っているので、なるほどと納得しても、どうにか自分のオリジナリティを入れたがり、その結果、そのまままねしていればいいのに、悪い結果を導くことがたくさんあります。

    それでいても、やはり、自分は自分でありたいのですよね。
    ははは。

    せいこさんから、たくさんのことを学んで、「自分の実践」を創り出していきたいと思っています。
    昨日はありがとうございました。
    そして、これからもよろしくお願いいたします。
    • あべたか
    • 2012/09/23 7:57 AM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    あべたかが書いた本

    My Facebook Page

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 121028 学習発表会が終わった〜その1〜
      あべたか
    • 121028 学習発表会が終わった〜その1〜
      大西清美
    • 111018 デジタルとアナログの融合〜5年算数(東京書籍)「ブロック遊び」〜
      あべたか
    • 111018 デジタルとアナログの融合〜5年算数(東京書籍)「ブロック遊び」〜
      前田 勉
    • 111028 子どもたちと共に創り上げた学習発表会を終える
      さとりえ
    • 111127 アウトラインプロセッサを探す旅(iPhone、iPad、Macとのデータ連携をめざして)
      あべたか
    • 111127 アウトラインプロセッサを探す旅(iPhone、iPad、Macとのデータ連携をめざして)
      midorik
    • 121203 【感想】【東日本大震災復興特別プロジェクト】第5回東北の子どもたちが元気になる「子どもホワイトボード・ミーティング」講座」
      あべたか
    • 121203 【感想】【東日本大震災復興特別プロジェクト】第5回東北の子どもたちが元気になる「子どもホワイトボード・ミーティング」講座」
      ちょんせいこ
    • 121203 【感想】【東日本大震災復興特別プロジェクト】第5回東北の子どもたちが元気になる「子どもホワイトボード・ミーティング」講座」
      あべたか

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM