121129 わたしの『学び合い』と他の『学び合い』との立ち位置

0
    わたしは西川純さんが提唱する『学び合い』にしても、佐藤学さんが提唱する「学び合い」にしても、またはそれらと関係ない「学び合い」にしても、そして、ワークショップ型授業やファシリテーションを中心に考える授業の実践を重ねている方とも話していたり、または文章を読んだり、ネット上の書き込みを読んだりして、
    「あっ、わたしと同じ『学び合い』とか「ワークショップ型授業」とか「ファシリテーション」とかを使って授業を説明しているけれど、自分とは立ち位置が絶対的に違うな」
    と思う一瞬があります。
    それは、「一斉授業」の考え方です。

    わたしと考え方が異なる方の主張は
    一斉授業がしっかりできてからこそ、「学び合い」(または『学び合い』)ができる。
    という考えです。
    一斉授業があり、その発展、または、高等の技術や形態としての学び合いなのですよね。
    よく聞かれるセリフが
    「一斉授業もできないのに、学び合いなんてできるはずがない」
    です。

    わたしは、この言葉を聞くたびに、うーんと考え込んでしまいます。
    わたしにとっては、一斉授業が成立しないからこその学び合いなのですよね。この『学び合い』の前提として「一斉授業」と言っている方は「一斉授業」で悩んでいる方にはどのような授業を進めるのでしょうか。
    「説明・指示・発問」をしっかり考えるようにと言うのでしょうか。
    「板書事項」を計画的にというのでしょうか。

    学級崩壊が日常用語となってしまっているように、程度のこそあれ、学級の荒れは日常的な光景となりつつあります。その多くの学級は「一斉授業」が成立しなくて困っているわけです。
    もちろん、努力も何もせず、悩んでいる教師もいることでしょう。しかし、一生懸命に努力をしている教師の方が多いはずです。その対応策の一つとしても『学び合い』を提案することができるのではないでしょうか。

    実際に、一斉授業ができる状態でないために、『学び合い』を取り入れてなんとか授業が成立するようになったという先生を何人か知っています。
    もちろん、もしかしたら多くの方がイメージするような「すばらしい」討論の授業や全員が関わり合っている授業をお見せすることができないかもしれません。
    しかし、とりあえず、授業が成立し、全員が程度の差こそあれ、授業に参加するの参加とは、教室内にいるだけの参加ではなく(一斉授業ではよくあることと思う)、全員が課題に向けて、考えたり、活動したりします。これは、すごく貴重なことでしょう。

    なぜに、突然長々とこんなことを書いているかと言いますと、ちょっと事情があって、ここ数日、算数や社会科で一斉授業をしています。
    すると・・・・なんと素敵な一斉授業ができるんですよねぇ(笑)。

    もちろん、わたしの授業はほぼすべてが『学び合い』といいますか協同的な授業で構成されています。今までずっと『学び合い』を普通にやってきました。
    子どもたちも『学び合い』の授業が当たり前だと思っています。
    でもね、こうして「一斉授業」をすると、授業に臨む態度とか共にわかろうとする態度とかが醸成されているからか、数ヶ月前、1年前の子どもたちよりもすごくしっかりと「一斉授業」ができるようになっているのです。
    なんだか、子どもたちすごいなと見直してしまいました。
    久しぶりに一斉授業をすることで、子どもたちの成長がわかるのです(笑)。なんか、いい感じでしょ(笑)。

    わたしの実感からしか言えませんが、
    『学び合い』を日常的に進めることで「一斉授業」もしっかりしたことができるようになる。
    そんな風に感じています。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    あべたかが書いた本

    My Facebook Page

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 121028 学習発表会が終わった〜その1〜
      あべたか
    • 121028 学習発表会が終わった〜その1〜
      大西清美
    • 111018 デジタルとアナログの融合〜5年算数(東京書籍)「ブロック遊び」〜
      あべたか
    • 111018 デジタルとアナログの融合〜5年算数(東京書籍)「ブロック遊び」〜
      前田 勉
    • 111028 子どもたちと共に創り上げた学習発表会を終える
      さとりえ
    • 111127 アウトラインプロセッサを探す旅(iPhone、iPad、Macとのデータ連携をめざして)
      あべたか
    • 111127 アウトラインプロセッサを探す旅(iPhone、iPad、Macとのデータ連携をめざして)
      midorik
    • 121203 【感想】【東日本大震災復興特別プロジェクト】第5回東北の子どもたちが元気になる「子どもホワイトボード・ミーティング」講座」
      あべたか
    • 121203 【感想】【東日本大震災復興特別プロジェクト】第5回東北の子どもたちが元気になる「子どもホワイトボード・ミーティング」講座」
      ちょんせいこ
    • 121203 【感想】【東日本大震災復興特別プロジェクト】第5回東北の子どもたちが元気になる「子どもホワイトボード・ミーティング」講座」
      あべたか

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM