121202 素敵な先生。

0
    2日前の金曜日。
    校内の授業研究があった。
    この授業研究はちイレギュラーで予定に入っていなかったもの。
    そこで、誰が授業者になるか、決定に戸惑いがあった。
    普段であれば、わたしがやってもいいですよとすぐに申し出るのだが、今回、この時期いろいろとあったので、すぐには立候補せず、ちょっと様子を見ることにした。
    数日後、まだ授業者が決まらないことらしいことがわかった。
    じゃあ、仕方ない。自分がやりますと言えば、無事に済むなと思い、朝、出勤すると教頭さんに、まだ決まっていないようでしたらわたしがやりますよ、と伝えた。はあぁっ、また自分から背負い込んでしまった、と思いつつ、何も貢献できていない自分。こういうときくらいやらなくてどうすると自分に声をかけた。
    すると、数分後に出勤した別の方が、まだ授業者が決まっていないのでしたら、自分がやると伝えに来た。

    ここが、本校の素敵なところ。

    だいたいが、立候補式の校内研究の授業などで授業者を誰がやるかで、そんなに困ったことがない。

    そこで、かっこつけて、
    「いえ、わたしがやります!」
    ということも可能だったが、今回は、ちょっといっぱいいっぱいだったので、ありがたく
    「じゃ、お願いします。」
    と伝えた。

    その授業が、2日前の金曜日にあった。
    授業者は、ベテランの女性の先生。
    今年、本校に赴任してきた。
    一言で言えば、すごく素敵な授業だった。
    基本は一斉授業の形をとっているが、その中に「協同学習」の技法を数多く取り入れて、子どもたちが生き生きと友達と関わりながら、話し、考え、発表し合っている。

    授業は、5年の算数。平行四辺形の面積をどうやって求めるかを考えるものであった。

    協同性その1
    それぞれに、解き方を考えた後、自由に教室を歩き回り、友達と情報交換をする。その際、自分はどうやって面積を出したのかを互いに説明する。同じ、解き方だったら○、異なる解き方だったら☆の印をつけていき、次々と情報を交換し合う。

    協同性その2
    全体発表の場。少し、複雑な面積の解き方を説明する子がいた。その後、その先生は
    「隣の人に、この子が説明したことをお話ししてごらん。」
    と促した。これは、
    「説明わかりましたか?」

    「ちゃんと話を聞いてましたか?」
    に比べると数倍高度な問いかけてである。

    子どもたちも生き生きとし、どの子とでもかかわれるような姿で授業に臨んでいて、大変素敵だった。

    こういった授業が日常的にこの学級では行われているのである。子どもたちは別段着飾った振る舞いをしていなかった。
    本校にいらして、1年目。本校の校内研修で取り組んでいることをさらりと取り入れて授業に生かされている先生の姿に驚いた。すごいと思った。
    もともと、この先生はこういう授業をされていたのかもしれないが、本校の校内研究でみなさんと意識し合うことでより、意図的にこういうしかけを取り入れることができたに違いない。
    しかし、何はともあれ、こういう授業を取り入れて日常的に行おうとする柔軟さがあればこそのものである。

    歳を重ねると、自分がよいと思ったもの以外には、手をつけたくなくなる。
    たぶん、わたしも客観的に見るとそうであろう。
    わたしも、いつまでも柔軟でありたい。
    この先輩先生から、たくさんのことを学んだ45分であった。

    2012年12月01日のつぶやき

    0
      08:16
      新幹線を待つ時間でうどんを食べた。実はわたしはうどんのなかで駅の立ち食いが一番好き。まぁ、駅うどんもいろいろあるけど。郡山駅の肉うどんは好きだな。待ってる時間が15分だったらお腹いっぱいでも確実に食べてる。 [pic]: http://t.co/HElRfxMo
      11:50
      始まってる。盛り上がってる。よかった。とにかくチェックイン! (@ 土屋不動産 ANNEX) [pic]: http://t.co/LyzSNdmd

      2012年11月30日のつぶやき

      0
        23:14
        わたしの信頼ベースの基本はオープンクエスチョン http://t.co/I9Vt87RS #jugem_blog
        23:19
        121130 今、foursquareにはまってる http://t.co/9PBiM5qP #jugem_blog
        23:23
        いよいよ広報開始!これからの学校教育を話しましょう。創りましょう。 RT:授業づくりネットワーク2013春in東京 http://t.co/uETxVvZE
        23:32
        寝ます。今日はずっとここのリニューアルをしていました。一応見られるだけの形になったので終わります。明日もあるし。 RT:授業づくりネットワークHP http://t.co/fBenzkTl

        121130 今、foursquareにはまってる

        0
          IMG_5625

          いろいろなSNSがある。
          その中で、実は一番気に入っているのがfoursquareである。
          foursquareは基本的に、今、自分がいる場所をつぶやいていく。
          それだけのものである。
          でもね、この情報が蓄積されることで、たくさんの口コミ情報がたまっていくことになる。

          もちろん、わたしは普段は学校に行くだけの仕事なので、わたしが情報提供(アウトプット)できるのは、休日のみである。でも、この限られた時間に自分が情報をもらう(インプット)することを考えて、積極的に情報を提供(アウトプット)していくことにしている。

          今回の旅行でも、foursquareから貴重な情報をもらった。
          気仙沼の昼食、一関川崎の夕食をどこで何をとろうかと考えていた。
          そこで、foursquare。
          ここで周辺のfoodを選択。
          今まで、foursquareで足跡を残していった方々の声を読む。
          印象、写真、住所、電話番号、地図、などが簡単にわかる。
          どちらでも満足する味。
          いやぁ、素敵だった。

          また、自己満足ではあるが、過去に何度か行ったことのある場所でもチェックインすると、その後「あなたは○月○日以来、○ヶ月ぶりに来ました」と表示してくれる。これがまたなかなかいいんだな。この文字を読んで、一瞬、過去に思いを巡らす。ああっ、あのとき、どんなシチュエーションできたっけ、と思い出す。これがなかなかいい。

          また(もしかしたら危ないかもしれないが)、初めて来たと思った場所でチェックインすると「○月○日についで、○回目のチェックインです。」などと表示してくれる。あっ、そっか来たことあるんだと思い出させてくれる。これがいい(でも、ちょっと脳が危ない?・・・汗)。

          本当はね、もっと周辺にfoursquareを使っている人がいると、もっともっとおもしろい使い方ができるみたいなんだけど、田舎に住むわたしはこんな密やかな感じでfoursquareを楽しんでいる。みんなもfoursquareを使ってみようよ!

          わたしの信頼ベースの基本はオープンクエスチョン

          0
            国語で「ヒロシマのうた」を学習して、その後、全員でそれぞれに戦争関連の本を1時間読んだ。
            それでおわってしまったのでは芸がないと思い子供達に読書前に以下のように話した。
            「最後、1人3分ずつペアトークをしてもらいます。
            普通は、3分だけど今回は5分。長いよ。でも、本という話す内容はたくさんあるはずだから、がんばってね。」

            時間がきて、ペアになり、オープンクエスチョンを行った。
            3分間、誰もがしっかりと話すことができ、かつ、聞くこともできた。
            これを見ていて、成長したなぁと実感している。

            ペアトーク(ペアになりオープンクエスチョンである話題を聴き合うこと)
            を始めたのは、この子達を担任した時。つまり、1年半まえの4月であった。
            朝の会に毎回ペアを変えて
            「昨日の出来事を教えてください」
            を繰り返したのである。

            最初は形にならなかった。
            全然話を聞こうとしない子。
            話し手を無視して自分の聞きたいことに話題を持って行こうとする子。
            すぐに話すことが終わってしまい、お互い制限時間まで無言で過ごしてしまう子
            いろいろだった。
            が、今は素晴らしく聞くことができる。話すことができる。

            わたしは、申し訳ないくらいに、信頼ベースになるようなこと、例えば、ダイナミックな係活動(会社活動)だったり、教室リフォームだったり、PAのような活動だったりを取り入れていない。まぁ、言い訳をするとすれば、それらを実践する余裕がないということになるが、これらだって時間がなくても本当に活動したいと思えば、時間はいくらでも生み出せるはずがそれを行っていないのは、やはり、自分がその気持ちがないからだろう。

            そんなわたしでも、とりあえず、少しずつではあるが学級がまとまっていきているのは、ひとえに、このオープンクエスチョンを基本としたペアトークを続けてきたからだといえる。
            (実は、このペアトークにしても6年生になってからは、毎日行わなくなっているが……汗)。

            たぶん、今後、どの学校にいっても、どの学級を持っても、


            calendar

            S M T W T F S
            1234567
            891011121314
            15161718192021
            22232425262728
            2930     
            << September 2019 >>

            あべたかが書いた本

            My Facebook Page

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            • 121028 学習発表会が終わった〜その1〜
              あべたか
            • 121028 学習発表会が終わった〜その1〜
              大西清美
            • 111018 デジタルとアナログの融合〜5年算数(東京書籍)「ブロック遊び」〜
              あべたか
            • 111018 デジタルとアナログの融合〜5年算数(東京書籍)「ブロック遊び」〜
              前田 勉
            • 111028 子どもたちと共に創り上げた学習発表会を終える
              さとりえ
            • 111127 アウトラインプロセッサを探す旅(iPhone、iPad、Macとのデータ連携をめざして)
              あべたか
            • 111127 アウトラインプロセッサを探す旅(iPhone、iPad、Macとのデータ連携をめざして)
              midorik
            • 121203 【感想】【東日本大震災復興特別プロジェクト】第5回東北の子どもたちが元気になる「子どもホワイトボード・ミーティング」講座」
              あべたか
            • 121203 【感想】【東日本大震災復興特別プロジェクト】第5回東北の子どもたちが元気になる「子どもホワイトボード・ミーティング」講座」
              ちょんせいこ
            • 121203 【感想】【東日本大震災復興特別プロジェクト】第5回東北の子どもたちが元気になる「子どもホワイトボード・ミーティング」講座」
              あべたか

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM